高齢者に多い交通事故

高齢化社会に伴い高齢者の方の交通事故も増えています。
高齢者の方は歩行中に事故に遭いやすかったり、高齢ドライバーの起こす大きな事故もニュースになったりしています。
高齢者の方はどのように交通事故が起こってしまうでしょうか? 高齢ドライバーは老化による様々な能力の低下により思わぬ事故のリスクが高くなります。
対策として高齢者の方の運転免許の自主返納が一つありますが、体力の弱い高齢者にとって交通手段として車を使うことが必要であったり、運転技術に自信のある高齢ドライバーの方は返納されないので高齢者の方の事故防止の根本的な解決にはなりにくいものではあります。
ただし運転免許を自主返納された方には公共交通機関や文化施設などでの特典をうけられることもできます。


また高齢ドライバーの安全運転を促すために70歳以上のドライバーは運転免許更新時に高齢者講習が義務づけられています。
高齢者の方が自身の能力を確認したり、交通ルールを守ることや、周囲の状況確認を徹底するといった慎重な行動をすることで事故にならないことが求められます。


また高齢者以外の人達も高齢者の歩行や運転には十分な配慮をすることが必要です。
高齢者の方が気を付けるポイントを知って双方が安全のために共に取り組むことで高齢者の交通事故を防ぐことに繋げることができます。
ここから高齢者の方の交通事故で気を付ける部分や交通事故の防止対策のご紹介をしていきますので、参考にして高齢者の交通事故防止に取り組んでいきましょう。